改善ケアのポイント

万が一妊娠線ができてしまったら、できるだけ早く改善ケアに取り組みましょう。
これまでできてしまった妊娠線は改善できないとされてきましたが、保湿ケアとマッサージケアを徹底して数ヶ月続けることで改善効果が認められています。
ここでは効果的な改善ケアのポイントをご紹介します。

改善ケアを行ううえで重要なポイントが保湿商品です。
妊娠線の改善には保湿力の高いボディクリームやオイルが効果的ですが、おススメは妊娠線改善ケア専用クリームです。
一般のボディクリームやオイルと比べると高額ですが、専用クリームには浸透力に優れた有効成分が含まれており、肌の深層深くまで成分が行き渡ることで細胞レベルで改善効果が期待できます。

次にポイントとなるのがマッサージです。
専用クリームをただ塗るだけよりも、マッサージを加えるとさらに効果アップが期待できます。
マッサージのポイントは入浴後に行うことです。
入浴後は肌が温かく柔らかい状態であるため、専用クリームの成分の浸透力がアップする他にもマッサージによる肌の柔軟性アップが期待できます。
マッサージをする際は妊娠線が気になる部分にクリームを伸ばし、手のひら全体で包むようにクルクルと撫でましょう。
全体をマッサージしたら手のひらでクリームの成分を肌に押し込むように上からパックします。

この保湿とマッサージを数ヶ月続けることで徐々に妊娠線の改善が期待できるため、ぜひお試し下さい。

妊娠線の予防ポイント

妊娠線は一度できると改善しにくいため、予防ケアをすることが重要です。
予防ケアをするには保湿とマッサージ、体重管理がポイントとなります。

予防ケアで効果的な方法が、妊娠線クリームの使用です。
妊娠線クリームとは妊娠線予防に効果的で保湿力に優れたボディクリームです。
一般的なボディクリームと比べて成分の浸透力に優れており、肌の深層からケアすることで予防効果を発揮します。
一般的なボディクリームと比べると高価な商品が多いですが、妊娠初期から出産まで継続して使用することでほぼ予防することができる優れた商品となっています。
また妊娠線クリームはマッサージをしながら使用するとさらに効果的です。
マッサージをすることで成分の浸透力をアップさせると共に、皮膚を柔らかくしなやかに保つことができ、予防効果を高めることが期待できます。

また体重管理も重要です。
妊娠期間中、悪阻の時期を過ぎると食欲が増してついつい食べ過ぎてしまう方が多くいらっしゃいますが、食べ過ぎたことで体重が急激に増加すると妊娠線ができるリスクが高くなります。
そこで悪阻が終わったら栄養バランスの良い食事を適量だけ摂取するように心掛けましょう。

妊娠線はできてしまったものを改善するよりも予防するほうが断然楽です。
妊娠期間中は保湿・マッサージと体重管理に気をつけて、ぜひ妊娠線予防に努めてみて下さい。

妊娠線の基礎知識

初めての妊娠、初めての出産、初めての育児、これらは女性にしか経験できない神秘的な体験ですが、出産後に妊娠線ができているのを見てショックを受ける方が多くいらっしゃいます。
妊娠線は一度できると改善しにくいとされていますが、メカニズムを理解することで改善することもできます。
ここでは知っておきたい妊娠線についての基礎知識をご紹介します。

妊娠線とは、妊娠して急激に体重増加した場合や、お腹が大きくなるにつれて太ももやお尻周り、胸元にできるミミズ腫れのような線のことで、肉割れ線に似ています。
妊娠線も肉割れ線もできるメカニズムは同じで、急激な皮下脂肪の増加に皮膚が追いつかず、皮膚の真皮層のコラーゲン繊維が裂けることでできます。

妊娠線の場合、妊娠24週から出産直前までが最もできやすい時期とされています。
ただし症状が出るタイミングには個人差があり、妊婦さんによっては悪阻が終わる頃から食欲が抑えられずに体重か増加して妊娠線ができる場合もあります。
またどれだけ予防ケアをしているかによっても異なり、中には出産を終えてからの授乳期間中に乳房が大きくなることで妊娠線ができる場合もあります。
妊娠線ができやすい人の特長には、体重が急激に増加した人、加齢や紫外線により肌ダメージが酷い人、もともと皮下脂肪が多い人、2人目や3人目の経産婦、双子など多胎児妊娠の人などが挙げられます。

妊娠線はメカニズムをきちんと理解して予防・改善に努めれば効果を発揮することができます。
妊娠線を予防するうえで重要なポイントや、改善するうえで重要なポイントについては別頁に纏めましたので、ぜひ参考にご覧下さい。